こんにちは青田ガリィです。

本日はスロットのハマリについて考察してみたいと思います。

私はスロットで遊戯する際、なんとかプラスにしたい・・・という気持ちと、負けてもボーナス(orART)を引きたい・・という気持ちが強いため。当たるまでやめられない天井狙いを中心としています。

このように4号機の中期にスロットを始めたころから天井狙いばかりを繰り返してきたので
ハマリについて語りたいと思います。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
私が打った中でのハマリは
5号機の初代青ドンでバケ後450くらいからボーナス間ハマり2000ゲームを記録したことがあります。
1200ゲーム程延々天井RTでした(*゚∀゚*)

売っている最中は
純増0.3枚の無限ARTやーーーーーー(๑≧౪≦)
閉店まで続けばいいのにと嬉しかったのを覚えています。
最終的にBIGでしたが、RTが長かったためビック一回分ぐらいメダルが増えていましたw


ほかには5号機赤ドンボーナス間3900ハマリが結構自慢できるかと思います。
この時もビック後800ゲーム以降に打ったので投資はそこまでではありませんでしたがなかなかの苦行でした。

途中明らかに三尺玉無抽選ゾーン
があった
と思い返しますが、最終的には200枚ぐらい増えていました。
なかなかいい引きをしていました(´・ω・`)
赤ドンは三尺玉が15枚なのでなかなかスリリングな天井だったとおもいます。


そして一番悲しかったのが、5号機戦国無双ボーナス間3000ハマorz・・・
その当時は自分の中で1059ゲーム以降の戦国無双を打って、いままでその台で散っていった者たちの魂を糧に無限ラッシュに突入させるというプレイにはまっていました。

そしたらどうでしょう・・・リリチェが1回スルーし、2回スルーし、、、10回スルーし・・・
気づけば2000ゲームを超えていましたorz

それだけで投資は軽く3万円を超えていましたが

「ここで打つのをやめたらハイエナをしてきた今までの自分の人生が無駄になってしまう」



という意地で打ち続けましたorz
ちなみに3000ゲームちょうどになったところで午後10時だったため涙の撤退( ´ ▽ ` )ノ

すこし昔の機種は天井でゆるやかなRTにはいったり(私の中で純増0.1枚以上はベルを多く引くギャンブルARTです!) 無限ARTになったりしましたが、最近はART機が中心で、中でもゲーム数管理が多いため味気ないといえば味気ないですね・・・フフフ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからは自分が遊戯していたわけではないですが自分が見た中での猛者たちを・・・

ジャグラー1500ハマリ・・・(北電子の乱数は信用できない!)

赤ドン5400ハマリ(見たときは総回転数かと見間違いました延々ドンちゃんゲームとCZをしていました)

リングにかけろ 2500ハマリ(何度もATMっぽい休憩をしながら)

ガッチャマン 2300ハマリ(やめれないよね・・・)


みなさんは天井狙いでどのくらいはまったことがありますか?コメント欄でぜひ自慢してください(。・ ω<)ゞ